素人菜園帳(5)

僕は皮をむかず、そのまま食べられる果物が好きだ。
さくらんぼやイチゴなどのベリー類、皮ごとたべられるぶどう…。

そこに最近加わった新顔がいる。
サルナシだ。

ご存じだろうか。
あまり店先で見ないが、偶然つれがマルシェで見つけて
試しに食べて以来、はまっている。

キーウィと同じマタタビ科。小さなキーウィながら、皮ごと
食べられる。日本の山に自生する果物の中で最も美味とされる。
猿がナシと間違えたからその名がついたという説もある。

以前木曽路を旅したとき、奈良井宿の近くの道の駅が
「さるなしショップ」となっていて小躍りして寄るも、
午前11時で最後の1パックだった。着果率が高くない果物
のようで量がとれず地元でもすぐになくなってしまう。

美味なだけでなく、栄養価もビタミンCがレモンの10倍、
ビタミンEがアボガドの2倍で果物の中で群を抜いている。
(もっとも身体にいいとされるビタミンI(愛)の含有率は不明だ)

ネットで取り寄せてお袋に送ってみたところ、すぐに
メールで返事がきた。

「サルハシおいしかったよ。残りはジャムにしました」

サルハシ(猿橋)は日本三奇橋のひとつで大月にある。
お袋がカタカナに弱いのは慣れっこなのでスルーしようと
思ったが、ちょっと調べて驚いた。

サルハシと同じ日本三奇橋候補の「祖谷のかずら橋」
の原料がなんとサルナシ(別名シラクチカズラ)だった。

そんなスーパーフルーツながら、なかなかお目にかかれない
なら自分で育てるしかない。

小さな苗を入手して菜園の西の隅に植えた。
まだ背丈が20cmほどの写真は、昨年の4月上旬だ。

3ヶ月後の夏には、僕の背をこえて葉は果物棚を覆いつくした。
茎はあっという間にねじれた木の幹のように強く、太くなった。
橋の材料になるのもうなずける。

肝心の実は、最初の年ということもあって10数個だったが、
今年が楽しみだ。

記:根本

*いまの囲碁教室で満足できない貴方へ
究極の個人レッスンを目指す『上達の約束』

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

動画『上達最前線』


新しい考え方や話題の手をピックアップする囲碁動画です

過去の動画はこちらから

『週刊 上達』(無料メルマガ)


↑↑
マークをクリックすると登録ページに飛びます。
イベントの先行案内や、上達に関するコラムを毎週火曜の夜に配信しています。
無料ですのでお気軽にご登録ください。

イベント案内

↑写真をクリックすると今後の予定に飛びます

これまでの様子はこちらから

顔が見えるネット碁「石音」

ページ上部へ戻る