素人菜園帳(58)

「種をまく人」にはじめて出会ったのは丁度3年前だった。
http://www.ishioto.jp/blog/%E7%B5%B5%E3%81%AE%E5%8A%9B

あのときはまだ素人菜園もはじまっていない。
あれから3年でこんなにまく人になるとは、自分でも驚きだ。

今週は小カブとサラダゴボウ、つるなしインゲンに
ゴールデンビーツ、パースニップの種をまいた。
いよいよシーズンがはじまる。もう落ち着かない。

種をまく。3パターンある。

ひとつは、今週のように買ってきた種をまく。

もうひとつは、自分で育てたものから種をとり、まく。
自家採種という。

いま、イエローストロベリーグアバの2代目が7鉢すくすくと
育っている。パクチーはとれた種はまかずにコリアンダーシード
として料理に使っている。

種苗法が改正されたばかりだが、素人菜園で楽しむには
問題ないだろう。

そして、買ってきて自分で食べたものから種をとり、まく。
ちょうど1年前食べたキンカンが、衝撃の美味しさだったので
だめもとで種を蒔いてみた。

そして1年がたった…。

全然大きくならない。まだ10cmにもならない。

中学3年から高校2年まで、毎年10cm育った経験のある
ひょろなが素人菜園家としては、自分よりも成長が遅い植物を
育てることになるとは思わなかった。

小さな12鉢をもう一度ながめてみる。

あぁ、茎も茶色で完全に枯れてしまったか。
葉はないが茎がまだ緑なのでひょっとしたら。
最近の暖かさで芽吹いてきた。えっ復活?
厳冬期を落葉せずにのりきった。えらい!

いろいろだ。

同じ果実から採った種を同じ条件で育ててきても
これだけの違いがある。
それぞれが懸命に未来に向かって伸びている。

じっと見ていると、大げさなものではないが
しっかりと前に進む力が湧いてきた。

あの絵の前で過ごした時間と同じぐらい、3分ほど
しゃがんでいただろうか。

僕は「種をまいた人」になっていた。

記:根本

*いまの囲碁教室で満足できない貴方へ
究極の個人レッスンを目指す『上達の約束』

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

YouTube


『上達の約束』YouTubeチャンネルの過去動画をまとめてあります。
対局や囲碁講座の動画をアップしています

『週刊 上達』(無料メルマガ)


↑↑
マークをクリックすると登録ページに飛びます。
イベントの先行案内や、上達に関するコラムを毎週火曜の夜に配信しています。
無料ですのでお気軽にご登録ください。

イベント案内


↑写真をクリックすると今後の予定に飛びます
これまでの様子はこちらから

顔が見えるネット碁「石音」

ページ上部へ戻る