素人菜園帳(12)

だれがつけたか知らないが、ネーミング大賞の候補にはいるだろう。

時計草だ。

前のマンションでも3年栽培していたが、なぜか一度も咲かなかった。
冬でも葉の緑が綺麗なので玄関前に「グリーン」として置いていた。

引越しして昨春から再度挑戦した。
はじめて花が咲いたのを見つけた朝、思わず声をあげた。

―ほんとに時計だ!

あまり見たことのない風貌の花だ。
可憐でひっそりというより、なにかこちらにむかって強く訴えてくる。

―秒針と時針とえっと…もう1本、あれっ針が3本あるけど
まぁいっか。

この針が雌しべで、その周囲にならぶ5本のクイックルワイパーが
雄しべだという。

咲くのはきまって朝9時~10時のようだ。
きっと3本の針の1本が合図しているに違いない。
その日の夕方にはしぼんでしまう。咲くのは1回だけ。

これが花を楽しむだけでなくじつは果物で、人工授粉が必要
というからすこしやっかいだ。

実にありつくには、家にいて、今日か明日かと見ながら、
よし咲いた、となったら綿棒もってかけつける。

ワイパーからとった粉を針にたっぷりこすりつける。
受精がうまくいったかどうかは、翌日すぐ色でわかる。
途中で雨がふったら流れてしまい失敗だ。

成功すると針の中心を支える丸い部分がだんだん膨らんでくる。
これを観察するのが楽しい日課となった。

そんな難関をへて昨年は3個実がなった。
しかし好事魔多し、途中で2個落果してしまう。
株がまだ若く、実を太らせる体力不足だったようだ。

完熟した唯一の実を少し冷やしてから、
スプーンですくって1口食べる。

―うーん、なるほど。

こんどは果物の名前の由来がわかった気がした。

この時計草はまたの名を、情熱の果実、
パッションフルーツといった。

記:根本

*いまの囲碁教室で満足できない貴方へ
究極の個人レッスンを目指す『上達の約束』

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

動画『上達最前線』


新しい考え方や話題の手をピックアップする囲碁動画です

過去の動画はこちらから

『週刊 上達』(無料メルマガ)


↑↑
マークをクリックすると登録ページに飛びます。
イベントの先行案内や、上達に関するコラムを毎週火曜の夜に配信しています。
無料ですのでお気軽にご登録ください。

イベント案内

↑写真をクリックすると今後の予定に飛びます

これまでの様子はこちらから

顔が見えるネット碁「石音」

ページ上部へ戻る