素人菜園帳(84)

珍しくバックヤードから撮ってみた。

来春の収穫を目指して、いまイチゴの苗を育てている。

親株から出るランナーとよばれるツルの先、最初の節には、
「子供の苗」が育つ。ポリポットに挿してクリップで止める。
半月ほどで根付いてまたランナーが伸びてくる。その先に
子供の子供、「孫の苗」が根付く。その繰り返しで今や、
8つの親株から70個ほどのポリポットが乱立している。

子供の苗は親株の病気を引き継ぐ可能性があるらしいので
秋から栽培を始める際に使うのは、孫とひ孫の苗だ。
段々どれがどれだかわからなくなってくる。ポットのふちに
切れ込みをいれて区別する。

イチゴの苗は寒さには強いが、暑さと乾燥に弱い。真夏は日陰に
置くだけではなく、ほんとうはクーラーのきいた部屋で育てたい。

素人菜園で育てた苗から種をとり翌年それを蒔いて収穫する、
いわゆる自家採種はまだやったことがない。このイチゴの育苗が
成功すれば初の「素人菜園オリジナル」野菜の誕生だ。

親から子、子から孫へとつながるランナーは、世代を越えて
引き継がれるバトンだ。根付いたあとそのバトンにハサミを
いれて親離れを促す。

―しっかり育てよ~

種を蒔いて苗を育てる、といういつもの栽培とは少し違う、

何と言ったらいいだろう、愛着と多めの期待が混じった感情が
湧いてきた。

今年は8鉢だったが、来年は20鉢?30鉢?

GW頃、赤や白のイチゴが満開に実る様子を報告したい。

記:根本

*いまの囲碁教室で満足できない貴方へ
究極の個人レッスンを目指す『上達の約束』

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

YouTube


『上達の約束』YouTubeチャンネルの過去動画をまとめてあります。
対局や囲碁講座の動画をアップしています

『週刊 上達』(無料メルマガ)


↑↑
マークをクリックすると登録ページに飛びます。
イベントの先行案内や、上達に関するコラムを毎週火曜の夜に配信しています。
無料ですのでお気軽にご登録ください。

イベント案内


↑写真をクリックすると今後の予定に飛びます
これまでの様子はこちらから

顔が見えるネット碁「石音」

ページ上部へ戻る