自分が自分の教師で在ること

こんにちは。

 

世界アマチュア選手権が終わり、自分なりに見えてきた課題があります。

私の場合は「読みの力」、それも限られた時間の中での集中力でした。

 

もともと自覚はあったのですが、例えば詰碁をやるとか、早碁をたくさん打つとか、そういった手をきちんと打てていただろうか?という反省があります。

まだいくつかの大会や試合があるので、いったん一息ついたと言ってもすぐに動きだす必要があるな、と感じています。

 

やる気は最大の教師であり、それも自分の中からにじみだすものかもしれません。

私が私の中から出てきたこのやる気を、教える立場としてはどのように引き出していけば良いのだろうか、という自問が生まれました。

プレイヤーとティーチャーは両立できるものでもあり、お互いにうまく機能するものでありたいと思っています。

 

記 村上深

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)