囲碁で養う「酷薄さ」

大学の授業で囲碁を教えている、ということをご存知の方もいるかと思います。

授業名で多いのは「思考力」とか「ロジカルシンキング」といった表現なのですが、このあたりはちょっと漠然としていますね。

私はあえて「酷薄さ」と表現しましょう。

 

まず、囲碁では石の1つ1つに個性がありません。

天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず。石もまた。

盤上に置かれた時は平等だとしても、その後の振る舞いで要石になったり、カス石になったりします。

 

大局観という表現の中に「酷薄さ」は含まれています。

つまり、カス石を捨てる。

価値のないと思われるものを捨てる。

囲碁で石を捨てるのにも勇気がいるのですから、人の世で人を捨てるのは、それはそれは勇気がいることでしょう。

 

でも、古くは戦国武将がたしなみ、現代でも政治家や経営者がたしなむ人が多い、というのは

ひょっとするとこの「酷薄さ」が全体最適を目指すうえで必要な資質だから、なのかも。

 

世知辛い話だけど、現実はツラくキビしいのよねぇ~。

 

記 村上深

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

顔が見えるネット碁「石音」

『目のつけどころはシニアに学べ』根本明 著

ページ上部へ戻る