忘れないように、メモとらせない

87歳のシニアにPC指導をして8年が経つが、最近気がついた。
メモをとらせてはいけない。

コピーペーストや印刷、メール送信など、基本操作を何度も何度も繰り返し教えてきた。
その都度しっかりメモをとるのを見て安心した。

それは間違いだった。

メモをとったことに安心して覚えない。
そもそもメモをとったことを覚えていない。
だから操作がわからないときにメモを見返さない。

「忘れるために日記をつける」

94歳の作家、外山滋比古氏の至言がある。
だからこういうことになるだろう。

「覚えてもらいたいことは、メモをとらせない」

いままで何で気がつかなかったのか不思議だ。
教える側が覚えておくべき基本といえる。

これももちろん、メモをとらないでおこう。  「記:根本」

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

顔が見えるネット碁「石音」

『目のつけどころはシニアに学べ』根本明 著

ページ上部へ戻る