聞いて、聴いて、利く

教え始めるとき、相手の話を聞くのが大事なのは当然だ。
特に第一声を大事にしたい。

この人はどんな人だろう。
どんなことに興味を持っているのだろう。
いまどんな気持ちなのだろう。

第一声にはヒントがつまっている。

意識を集中すると「聞く」は「聴く」にかわる。

さらにヒントを得ようと五感を研ぎ澄ませる。

そこで得られるのは、鼻が「利く」という域に達したときだけだ。

教える側は、いま自分が「聞く」なのか「聴く」なのか、
それとも「利く」なのか、そこを意識するといいだろう。

「記:根本」

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

動画『上達最前線』

顔が見えるネット碁「石音」

ページ上部へ戻る