上手の置き碁戦略 ~ 秘策その3 クロスカウンターを狙うべし ~

上手の置き碁戦略シリーズの最後を飾る秘策は「クロスカウンター」です。

つまり、攻めを誘うということですね。

 

アマ四段氏との5子局です。

ここまで黒は良く戦ってきました。

白1と大々ゲイマにスベりました。

ここで、黒2と反撃したのは非常に良い気合で、筋も良いです。

 

しかし、ここから十数手進むと、左上の黒△の7子がだいぶ弱くなりました。

白×の6子もけっして強いとは言えませんが、このような泥仕合はうわ手の望む展開です。

 

置き碁のした手の方はこのような思考に陥るときがあります。

「ただ守ってばかりの手で勝ってどうだと言うのだ」

「積極的な手を打たなければ、あとで何を言われるだろう」

 

たしかに置き碁は強く戦いやすい状況があります。

しかし、それでも黒が守らなくてはいけないシーンは存在します。

そんなときにワザと少しの隙を作り、相手にやってこさせることでカウンターを決めるのがテクニックです。

 

秘策その1秘策その2が押しの駆け引きであれば、今回は引き(誘い)の駆け引きと言えるでしょう。

これらのテクニックをシーンに応じて使い分けることで、した手の心をもてあそぶのが立派なうわ手なのです。

 

さあ、これでみなさんも小悪魔的なうわ手の仲間入り。

これからも、良きうわ手ライフを!

 

記 村上深

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

動画『上達最前線』

顔が見えるネット碁「石音」

ページ上部へ戻る