「ピンとこない」にチャンスあり

面白かった話やなるほど!と膝を打つ話は、自然と記憶に残る。
「心のピント」があうほうがとりこみやすい。

僕たちは、気づかないうちに自動でピントをあわせて
脳裏に焼き付けている。まるでカメラのオートフォーカスで
綺麗に写真を撮ってるかのように。

逆に、ちょっと心にひっかかったことや、
わかるようでよくわからなかったことは、一瞬心にとどまるが、
数日で消えてしまう。
何でも自動でピントがあうことに慣れてしまった。

よく考えてほしい。
新しいことに気づくヒント、自分を成長させる種は、
この一瞬心にひっかかったことに隠れているのではないだろうか。
無意識と意識のはざまで、その一瞬をつくる脳が、
何かを教えてくれているのではないだろうか。

ずっと根に持ち続けた「ちょっとピンとこない」がやっと解消されたとき、
脳は大きく飛躍する。

「記:根本」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)