素人菜園帳(100)

あと2ヶ月ほどで三年が経つ。

素人菜園の楽しさは、同じ人が同じものを同じ鉢で育てても、
同じ結果にならないことだ。

友人が言っていたゴルフの魅力に似ているかもしれない。

最近もうひとつ気がついた。
もし同じ結果が出たとしても、同じ気持ちにはならないだろう。

最初の年は育てた結果を〇×△に分類していた。
少し慣れた2年目は〇か×となった。

予想以上にとれるかとれないか、
どちらかで喜ぶ度合いがきまった。

そして今は〇だけになった。

育てる技術があがったのもある。
育てやすいものを選ぶ力がついたのもある。
だが一番大きな理由は、気持ちの変化だ。

うまく育たなくても、その発見が楽しく、面白く、
〇をつけたくなる。

「生のライチが巷で売っていないから家で獲れたら楽しいだろうな」

こんな単純な思いで高価な(たしか8千円ほど)幼木を仕入れたが
3年たっても、いっこうに大きくなる気配はない。
実がつく期待もはるか遠くでかすんでいる。

1年目の自分だったら確実に×をつけたはずだ。
だがいまは典型的な成功例、〇といえる。

なぜならこの木は、いましっかり生きているから。
これからどうなるか、まったくわからないから。

〇しか見えなくなった素人菜園で、
成長(生長)が感じられないライチに、自分を重ねてみた。

祝100回!

記:根本

*いまの囲碁教室で満足できない貴方へ
究極の個人レッスンを目指す『上達の約束』

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

YouTube


『上達の約束』YouTubeチャンネルの過去動画をまとめてあります。
対局や囲碁講座の動画をアップしています

『週刊 上達』(無料メルマガ)


↑↑
マークをクリックすると登録ページに飛びます。
イベントの先行案内や、上達に関するコラムを毎週火曜の夜に配信しています。
無料ですのでお気軽にご登録ください。

イベント案内


↑写真をクリックすると今後の予定に飛びます
これまでの様子はこちらから

顔が見えるネット碁「石音」

ページ上部へ戻る