上達の風景

ネット碁の席亭を13年もやっていると
色々なメンバーと出会う。

みんな「もっと、はやく、上達したい」のかと
思いきや、こんな人も結構いる。

「なるべくゆっくり上達したい」

教えることを仕事にしてしまうと、
ついうっかりしてしまう視点だ。

一度上達してしまうと、下手な自分には戻れない。
上達する喜びを味わうのは、上級者になるにつれ
難しくなる。

初心者がジューシーなりんごとすれば、
上級者は果汁がほとんど出ない芯だけにちかい。
初心者には楽しむ余地がたくさん残っている。

「すべてをカスタマイズする」覚悟の僕らは、
メンバーの数だけある「上達の風景」にあわせて
絵具やキャンバスを用意したい。

「記:根本」

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

顔が見えるネット碁「石音」

『目のつけどころはシニアに学べ』根本明 著

ページ上部へ戻る