第二外国語

第一がなくても第二と呼んでいいらしい。
第二東名ができたとき知った。

外国語も同じだ。

第一外国語という言葉はなくとも
英語だとみな知っている。
そして第二外国語と呼ぶ言葉はある。

第二外国語が登場するのは
大学で単位を取るときと
就職面接で聞かれるときぐらいだ。

僕の第二外国語はフランス語だった。
単位のために仕方なくとった。
学びたいものを学びたい人だけ学ぶ。
そんな仕組みにできないものかと思った。

どの道を通ってもいい。
ならば第一・第二と名づけるのも分かる。
しかしそうでないものを第二と名づけるのはどうか。
最初から第一が決まっているのもなぜだろう。

就職面接のとき第二外国語を聞かれた。
自己紹介をフランス語でと言われると困るので
とっさに囲碁と答えた。

ふざけた答えだったが、何が身を助けるか分からない。
この冗談から面接の風向きが変わった。
面接官が囲碁部だった。

僕は1994年、囲碁をきっかけに入社し、
2004年、囲碁で退社した。

「eigo」から「igo」へ。

気づくと第一外国語を自分で変えていた。

「記:根本」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)