カテゴリー:教える側

  • 忘れないように、メモとらせない

    87歳のシニアにPC指導をして8年が経つが、最近気がついた。 メモをとらせてはいけない。 コピーペーストや印刷、メール送信など、基本操作を何度も何度も繰り返し教えてきた。 その都度しっかりメモをとるのを見て安心…
  • 心のチューリップ

    いいことを言っているつもりでも、相手にしっかり伝わらない。 言う内容を色々変えても伝わらない。 教える現場で僕は数々の失敗を重ねてきた。 完全にひとりよがりのシーンも多かった。 そこで学んだことがある。 …
  • 暗記は忘れるためにある

    前回、『倉庫から工場へ』で上達する頭の使い方についてふれた。 では頭に情報を「搬入」する暗記は必要ないのか。 そんなことはない。暗記は大事だ。なぜか。 それは「捨てる」ためだ。 詰めこまないと捨てられない…
  • 倉庫から工場へ

    頭をどう使うと上達するのだろう。 シンプルな問いながら深く考える機会はあまりない。 教える側が楽なのは「覚えなさい」だ。 やるべきことも明確で、結果のチェックも簡単だ。 だがこれでは上達はのぞめない。 …
  • 体温を測ろう

    ―ではまずお熱を測ってくださいね。 診察の前に看護婦さんが言う。 現状を正確に知ることから治療は始まる。 教える場でも同じだ。 相手がどの程度の「熱」をもっているのか まず知る必要がある。 それは…

顔が見えるネット碁「石音」

ページ上部へ戻る