カテゴリー:教える側

  • 愛ゆえに、入門者は去ってゆく

    今回は、特に入門・初級者に対して、教える側が陥りがちなケースを取り上げてみましょう。 まずは、私の体験談です。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~…
  • パイプを通そう

    人と人はパイプでつながっている。 その名は『コミュニケーションパイプ』。 初対面のときパイプの中は砂がびっしりつまっている。 コミュニケーションが深まるにつれてその砂がなくなっていく。 長年連れ添った…
  • スランプを乗り越えるには

    スランプは誰もが経験する どの分野においてもルールを知らないところから始まり、上達する中で少しずつおもしろさがわかってきます。 前にできなかったことができるようになり、自分の成長を実感するときほど楽しい時間はあり…
  • ダメは健康のバロメーター ~ダメの詰まりは鼻詰まり~

    花粉症の私は、目のかゆみもさることながら、鼻詰まりに悩まされ、寝苦しい日々が続いています。 みなさまはいかがお過ごしでしょうか。 数年前の話です。ある囲碁のイベントで、棋士に質問しよう!と…
  • 心のガソリン

    教える側の技術も大事だが、 上達するのに不可欠なのが本人の「やる気」なのは言うまでもない。 ではどうやってそれを喚起するのか。 正解はないが、ほぼ全員にあてはまるのが「檜舞台」だ。 特に初級者の頃に有…

顔が見えるネット碁「石音」

ページ上部へ戻る