カテゴリー:教える側

  • 現在地が見えるように工夫する

    やる気をどう維持できるか 囲碁の上達の仕方は、停滞期を過ごしながら、あるときふっと強くなる階段状のようになっています。 この停滞期をいかにモチベーション高く維持できるかが、教える側の腕の見せどころです。   …
  • 変わっていく「常識」

    今、囲碁界は転換期の真っただ中といえます。 AIの登場によって盤上の打ち方も、棋士やインストラクターの存在意義も変わっていくところです。 世界の最高峰で戦っているのは主に10代後半から20…
  • 聞いて、聴いて、利く

    教え始めるとき、相手の話を聞くのが大事なのは当然だ。 特に第一声を大事にしたい。 この人はどんな人だろう。 どんなことに興味を持っているのだろう。 いまどんな気持ちなのだろう。 第一声にはヒントがつまっ…
  • 愛ゆえに、入門者は去ってゆく

    今回は、特に入門・初級者に対して、教える側が陥りがちなケースを取り上げてみましょう。 まずは、私の体験談です。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~…
  • パイプを通そう

    人と人はパイプでつながっている。 その名は『コミュニケーションパイプ』。 初対面のときパイプの中は砂がびっしりつまっている。 コミュニケーションが深まるにつれてその砂がなくなっていく。 長年連れ添った…

顔が見えるネット碁「石音」

ページ上部へ戻る