カテゴリー:教える側

  • 1局の碁を人生になぞらえてみると

    みなさんは囲碁を打っていてうれしかったり悲しかったりすることはありますか? 私はあります。碁に慣れ親しんでくると、どんどん感情移入します。 程度がひどくなってくると、たとえば形の悪い石を見…
  • 教わるから教えるへ

    囲碁を始めて数か月という人に薦める とっておきの上達法がある。 誰かに教える機会をつくる。 これだけだ。 もちろんこれは囲碁に限ったことではない。 ではなぜ「教える」と上達するのか。 なぜ「教わる…
  • もののわかり方

    人は、自分のわかるようにしか、わからない。 わからないことについてのわかり方は、自分の わかるようにわかるしかない。それでは自分の わかるようにしかわかったことになっていない ということが、わかっていない。 …
  • 上達には2種類ある

    上に達すると書いて「上達」。 この、上への達し方には 2種類あるのをご存じだろうか。 ・斜めタイプ 直線や曲線、時に放物線を描きながら、 レベルが徐々にあがっていく。 ・階段タイプ 上達が止まる…
  • おまえはすでに死んでいる

    今日は観念ではなく、方法論的なことを書きたいと思います。 石の生き死に(死活)というのは囲碁においては勝負を一瞬で決しかねないほどに大事な要素と言えます。 それだけ重要であることは多くの人…

顔が見えるネット碁「石音」

『目のつけどころはシニアに学べ』根本明 著

ページ上部へ戻る