最初の夏休み(7)

天安門広場に通じる北京の大通りは、日本のそれとはだいぶ印象が違う。
まず幅が広い。片側7、8車線はあるだろうか。そして自転車が多い。

北京に到着した翌朝、寝ぼけまなこで部屋のカーテンをあけたとき、
最初眼下に川が流れているかと勘違いした。眼鏡をかけてよく見ると、
同じ方向に同じ色彩の服をきて走る何百台という自転車だった。

その自転車をよけるように車、そして大型バスが走る。
バスといっても日本の路線バスの2台分が連結されていて、
しかも超すし詰めだ。1台に150人は乗っている。活気あふれる
というより、みな全力で動いている。生きている。

鈴木さんを迎えにきた会社の車は、大通りを縫うように進んでいく。
遮音性の高い高級車の車内からは、外の様子が別世界のように見える。

「まさかMR.NEMOTOが今年入社した新人とはびっくりですよ」
「そうかのう、言ってなかったかのう。根本君はわが囲碁部で実力
トップクラスのホープなんじゃ。がははー」

中国総代表の千葉常務と鈴木さんが後部座席で旧交を温めるのを
助手席で背筋を伸ばして聴く。

ほどなくレストランに到着して5名での会食が始まった。
5名といっても、実質は4プラス1だ。
円形テーブルの話題は、中国の情勢、会社の経営の話に終始した。
話に耳は傾けるが、中身はまったくわからない。
もちろん意見を求められることもない。

自然と僕の興味は、次々と運ばれてくる本場の中華料理に移った。
格別美味な上海ガニを食するのに手間取ったため、それほど
退屈することなくこの時間を楽しめたのはよかった。

食後に鈴木さんを囲んで写真を撮ってもらう。

この10年後、商社に勤務しながら結局一度も駐在することなく「石音」
を起業する道を選んだ僕には、駐在員との交流を記念する貴重な1枚となった。

もちろんそのときは、そんな未来が待っているとは知るよしもなかった。

記:根本

*いまの囲碁教室で満足できない貴方へ
究極の個人レッスンを目指す『上達の約束』

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

動画『上達最前線』


新しい考え方や話題の手をピックアップする囲碁動画です

過去の動画はこちらから

『週刊 上達』(無料メルマガ)


メールアドレスを入力し、登録を押してください。


バックナンバーはこちらから

イベント案内

↑写真をクリックすると今後の予定に飛びます

これまでの様子はこちらから

顔が見えるネット碁「石音」

ページ上部へ戻る