大リーグボール誕生から学べること

考えるからひらめく

先日Twitter上で「自分をつくっているマンガはなに?」という質問が広がっていました。

それについてつぶやいていた人の多くは
子供の頃に読んだマンガをあげていました。
 

ぼくの場合は『巨人の星』がそれに当たります。
※父親がもっていたので読んでいました
 

主人公の星飛雄馬は
「大リーグボール」を必殺の武器としてプロ野球で活躍しました。

・バットに当てて凡打を狙う1号
・消える魔球2号
・バットをよけるスローボール3号

どれもアイデアをひらめくシーンは

「ライバルをどうしたら打ち取れるかと考え込む飛雄馬」と
「目の前にやってきた、ふとしたきっかけ」です。
 

囲碁の上達でもなんでも、
「今よりも状況をよくするにはどうすればいいのか」と思ったら、
そのことについて、ひたすら考え抜きましょう。

本当に考えに考えたからこそ
他の人が見逃してしまいそうなチャンスに気づけるのです。 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

動画『上達最前線』


新しい考え方や話題の手をピックアップする囲碁動画です

過去の動画はこちらから

『週刊 上達』(無料メルマガ)


メールアドレスを入力し、登録を押してください。


バックナンバーはこちらから

イベント案内

↑写真をクリックすると今後の予定に飛びます

これまでの様子はこちらから

顔が見えるネット碁「石音」

ページ上部へ戻る