カテゴリー:教わる側

  • 目のつけどころの鍛え方(3)

    流れゆく大量の情報の中で、ふと立ち止まり考える。 これが「目をつける」ということだ。 目をつけたところが周囲に軽い驚きと共感を与えると 「目のつけどころがいい」となる。 では、どこに目をつけるといいだ…
  • 自分ルールを作ろう

    ダイエットの進捗も兼ねて ちょうど1ヶ月前、 『上達の約束』に申し込んでくれたOさんと、 囲碁の棋力アップだけでなく、 お互いに痩せることを約束しました。 http://jotatsu-promis…
  • 強くなりたきゃ手筋をやれ!

    身もフタもないタイトルですが、これは本当の話です。 先日、ある級位者の方と話をしました。 いわく「序盤⇒中盤⇒終盤と時系列に沿って勉強をしながら、手筋・定石・死活はまん…
  • 目のつけどころの鍛え方(2)

    皆さんは本を読むとき、どこに線をひくだろうか。 すでに知っていることにひくだろうか。 まったく知らないことにひくだろうか。 読んで「なるほど!」と軽い驚きと共感が生まれるとき、 私たちは本に線をひく。 …
  • 目のつけどころの鍛え方(1)

    これから何回かにわたり「目のつけどころ」の話をする。 当欄でとりあげるのには3つの理由がある。 日々の生活や仕事で閉塞感、マンネリ感が広がるなか、 それを打破して前進するには「目のつけどころ」を 変える必…

顔が見えるネット碁「石音」

『目のつけどころはシニアに学べ』根本明 著

ページ上部へ戻る