カテゴリー:教わる側

  • 目標を立て、自分で決断する。

    ありきたりなタイトルで、ありきたりな内容です。 なにかを上達するためには、自分で目標を立てることが大切です。 たとえば、碁会所で〇段、×級になる。たとえば、△△大会で優勝する。 自分…
  • 先生は自分で決める

    「何を」「どこで」「どれぐらい」「いつ」「どう」 教わるかよりも、「誰に」教わるかが大事だ。 これに異論がある人はすくないだろう。 そして「誰に教わるか」をすべて自分で決められる人もすくない。 表面的な「…
  • 有段者と高段者の違い

    『上達の約束』でのレッスンやネットに誰かがアップしているものなど、 この頃、有段者の碁(棋譜)を見ることが多くなってきました。   有段者になると囲碁の奥深さをいろんなことから実感できます。 奥深さ…
  • 「自分なりに頑張る」という上達法

    今日は手短に。 明日から世界アマチュア選手権の世界大会に日本代表として出場します。 2年前に脱サラして囲碁で食べていくことを決めてから、なんだかんだとありましたが、1つの結果が出ることにな…
  • 教わる技術

    教える技術と比べてあまり注目されないのが、教わる技術だ。 囲碁教室でよく出る質問がある。 「ここでどう打てばよかったですか」 正解を求める姿勢だ。お金を払い時間をかけているのだから気持ちはわかる。 だが「…

顔が見えるネット碁「石音」

ページ上部へ戻る