カテゴリー:教わる側

  • 3歩すすんで2歩さがって

    僕は仕事に関係する本を、同世代の中では読んでいる方だと思っていて、 実際にそこからの学びを行動に移しているつもりです。 しかしふと振り返ったときに 「あぁ、これ前に読んだあの本に書いてあったことじゃんか!…
  • 教わるから教えるへ

    囲碁を始めて数か月という人に薦める とっておきの上達法がある。 誰かに教える機会をつくる。 これだけだ。 もちろんこれは囲碁に限ったことではない。 ではなぜ「教える」と上達するのか。 なぜ「教わる…
  • 自分だけでは気づけない

    初参加の方からいただいた一言 先日、初回レッスンを終えた受講生さんから、レッスン後に衝撃の一言を言われました。 「レッスンとても丁寧ですね! ただ実は申し込んだあとになって、『すごく分厚いテキストを渡された…
  • 盤上はいたずら者の妖精が棲んでいる

    こんばんは。今日は大ヨセなどのときに使えるネタをご紹介します。 いきなりですが、以下の盤面をごらんください。 この中のどこかに、いたずら者の妖精さんがいるんです。 どのあたり…
  • 上達には2種類ある

    上に達すると書いて「上達」。 この、上への達し方には 2種類あるのをご存じだろうか。 ・斜めタイプ 直線や曲線、時に放物線を描きながら、 レベルが徐々にあがっていく。 ・階段タイプ 上達が止まる…

顔が見えるネット碁「石音」

ページ上部へ戻る